老化の2大要因を学べば、食べ物でアンチエイジング効果が期待できる!?

最近しわが増えた……、周りの同年代と比べると年上に見られがち…なんて方はいらっしゃいませんか?もしかしたらその原因は食べ物にあるのかもしれません!

「アンチエイジング」と聞くとどこか怪しいもの、と思うかもしれませんがそんなことはありません。肌の若々しさをキープしたり、代謝を維持し続けたり、もっと簡単に言えばなるべく健康な状態を保ったたまま、年を重ねるということです。

平均寿命が80歳を越えた今となっては、ただ長生きするのではなく、いかに健康なまま寿命を全うできるかが、幸せな人生の重要な決め手と言っても過言ではないでしょうか。

そのために毎日欠かせない食生活から見直してみませんか?

短期的には変化が感じられないかもしれませんが、必ずあの時自分のライフスタイルを振り返ってよかったと言える日が来るでしょう!

1.アンチエイジングってそもそも何?

「アンチエイジング」とは、「アンチ=対抗」「エイジング=老化」

つまり、老化に対して抵抗をすることを指すのはなんとなくわかるでしょう。

では、なぜアンチエイジングに注目が集まるのでしょうか?

理由は二つ。一つ目はもちろん、外見の若々しさを保ったまま綺麗に年を重ねたいという方が多くなってきたこと。

もう一つは平均寿命が男女ともに80代を越えた現代社会。いかに健康な期間を長く維持できるのかに注目が集まっているからでしょう。

対策をすることによって、肌の美しさはもちろん、加齢に伴って発生する体の不具合(動脈硬化や脳梗塞など)の確率を下げ、健康寿命を延ばすことも期待できるかもしれません。

2.老化はなぜ起こる?原因を知って食べ物でアンチエイジング!

何をするにもまずは原因を探るところから始めましょう!

なぜ老化は起きると思いますか。運動不足?生活習慣の乱れ?確かにこの2つも原因になりうるでしょう。

大別すると、2つの要因が存在しているのです。それこそが「酸化」と「糖化」なのです。

一つずつ説明していきます!

①酸化

酸化が起こると体中のあらゆる組織がさび付いてしまい、機能が低下する傾向にあります。これによって病気に対する抵抗力が弱まってしまい、脳卒中やガンが発生する確立が高くなります。

では酸化はなぜ起きるのでしょうか?

その原因こそが、「活性酸素」です。皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

私たちは毎日酸素を吸って生活しています。体が健康であれば体内に入った酸素から作られる活性酸素が有害になることはありません。しかし、活性酸素が過剰に産生されると細胞を傷つけ始めます。

この一連の流れが最終的に生活習慣病を引き起こしてしまう原因になり得るのです。

②糖化

酸化に並び、老化の原因となりうるのが、タンパク質や脂質が糖と結合する「糖化」です。

糖化によって生み出される「AGE」という物質が人体に悪影響を与え、実年齢よりも老けた印象を作り出してしまいます。

食後一時間までに血糖値は上がりやすいため、その時にAGEは発生しやすくなります。

糖化を防ぐ肝は「食後一時間以内の血糖値の高さ」と言えるでしょう。

3.食べ物でアンチエイジング!を行う前にやってはいけない6つの習慣

アンチエイジングには「酸化」と「糖化」に気を付ければいいんだ!わかったから何を食べたらいいか教えてください!!と思ってる方、意気込むのはいいですが、いくら食生活を変えたからといって、生活習慣が乱れていれば老化を早めてしまいます。

そこで、NGな生活習慣を食生活以外も含めてご紹介します!

NG行為①:朝食を抜いてお昼にたくさん食べる

空腹状態から一気に昼食をとると血糖値が急上昇してしまいます。それを防ぐためインスリンが大量に分泌されると血糖値は下がるが脂肪が蓄えられてしまい、糖化を促進させてしまう。

NG行為②:早食いをしてしまう

血糖値が急激に上昇するため糖化を促進してしまう恐れがある。

NG行為③:アルコールの量が多い

肝臓でアルコールを分解する際に活性酸素が発生するため、飲みすぎは酸化を引き起こす可能性があるので注意!

NG行為④:たばこを日常的に吸う

煙草の煙には活性酸素や有害な物質が含まれているため、酸化の原因となります。できれば早めに禁煙しましょう。

NG行為⑤:紫外線を浴びる

紫外線にあたると皮膚上で活性酸素が作られ、しわやシミの直接的な原因となってしまうので要注意!

体にとって良いのは、これら5つのNG行為を1つも行わないことですが、なかなか難しいですよね……。

どれか1つ、これだけは気を付けるというものを決め、今日から実践してみてはいかがでしょうか?

4.アンチエイジングに効果的な食べ物はこれだ!

アンチエイジングに効果的なんだから、きっと野菜とか、果物とか何だろうな…と思われるかもしれません(もちろん野菜も含んでますが!)しかし、パスタなどの炭水化物もアンチエイジングには比較的効果があるのです!

◆糖化にGI値で対抗しよう!

「低GI」のものを食べるのが糖化への対策になります。

「GI(グリセミック・インデックス)値)」とはブドウ糖の血糖値上昇率が100だとしたとき、その食べ物がどれくらい血糖値を上昇させるかを示したもの。

・主食:玄米、おかゆ、そば、全粒粉パン

・野菜類:玉ねぎ、トマト、ピーマン

・果実類:リンゴミカン、イチゴ等

・キノコ類

・肉類

これらが「低GI」と呼ばれる食品になります。

GI値を抑えた食事を心がけることで血糖値の上昇を抑え、糖化を防ぐことができるのです!

ただ、GI値が高いものにはおいしいものあるので我慢が難しいのも悩みどころ。

そんな時は低GI食品とそうでない食品をバランスよく組み合わせて乗り切りましょう!

◆活性酸素には抗酸化物質で対抗!

活性酸素が増えすぎた場合は、抗酸化物質を含む食べ物を摂取して対策をしましょう!

ここで紹介する食べ物は活性酸素に対抗してくれるだけでなく、除去してくれる効果が期待できます。

・ビタミンA:かぼちゃ、ピーマン等の緑黄色野菜

・ビタミンC:キウイ、イチゴ、トマト

・ビタミンE:ナッツ、大豆

・ポリフェノール:ブルーベリー、リンゴ

このように見てみると、低GIかつ抗酸化作用のある食べ物があることがわかりますね!

ただし、低GIの食べ物=低カロリーというわけではありません!

ダイエットと共存するというのは中々難しいかもしれませんね(笑)

まとめ

アンチエイジングに効果的な食べ物を見て、「種類が多すぎてこんなに食べれないよ…」とあきらめかけた方、大丈夫です!

よく見てみると、糖化を抑制する食べ物と活性酸素を減らしてくれる栄養素を含む野菜は大部分が同じなんです!例えば、ビタミンCを多く含むトマトは血糖値の上昇率も低いですよね?糖化や酸化を促進させてしまう生活習慣を見直し、食生活を見直せば数十年後必ず、あの時からアンチエイジングを始めていてよかったと思える日が来ます。

早速今日からアンチエイジング食生活をはじめましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です