便秘の原因はたった2つ⁉今日からできる施策も伝授

便秘の主な2つの原因

「なんだかお腹がはってツライ……」「なんとなく体が重い……」。

便秘でお困りの方の中には、もう何日も便が出ていない、そんな状態の方も多いのではないでしょうか?

そんなつらい状況から、一刻も早く抜け出したいですよね!

しかし、焦って解決方法だけを調べても、便秘の原因を把握しておかなければ同じことを 繰り返してしまいます。この機会にしっかりと便秘の原因を学び日々の生活から見直して いきましょう。

1.便秘になる2つの原因

便秘を改善するためには、まず根本原因を知らなければいけません。

どんなことが影響してこんな苦しい状況に陥るのでしょうか?

実は、便秘の原因は大きく分けて2つしかないのです!

原因1.便が硬くなったため排出されづらくなる。

便が硬くなるとどうなるのか。答えは簡単です。硬い便が肛門付近でふたになってしまい、

いくらトイレで力を込めても全く出てこないという状況に陥るのです。結果として腸内に便がどんどん溜まっていき、最初は柔らかかった便も留まるうちに硬くなってしまう。悪循環を引き起こしてしまうのです。

原因2.ぜんどう運動が正常に起こらず排便が上手くできなくなる

そもそもぜん動運動とは、口から入ったものを肛門側に押し出す運動のことです。

この働きが弱まってしまうと、押し出す力が弱まってしまい、便を排出する力自体が弱まってしまうのです。

2つの原因を挙げましたが、これだけではさすがに便秘を改善する糸口は見つけられませんね。今度は、便が硬くなったり、ぜん動運動が正常に起こらなかったりする原因を探っていきましょう。

2.便秘の根本的な原因は水分不足?

便秘の症状の一つで、踏ん張っても全く出る気配がないという方いらっしゃいませんか?

もしかしたらそれ、水分不足で便が硬くなってしまっているからかもしれません。

では、なぜ水分不足が便の硬化を引き起こすのでしょうか?

便は、大腸に入ってくる時点で水分を含み、ドロドロの状態になっています。そして大腸の中で水分が吸収され、程よい硬さに調節され、便として排出されます。

しかし、腸内に長く留まってしまうと過度に水分が吸収され次第に硬く、そして小さくなっていくのです。すると、腸内で詰まったり、肛門の出口付近で詰まったりし便秘を引き起こしてしまうのです。

3.便秘にはストレスや便意の我慢が関係している⁉

水不足だけが便秘の原因ではありません。

実は、ストレスの他に、なんと便意の我慢までも便秘の原因となりうるのです!

・ストレスでぜん動運動が弱まる

冒頭で説明したぜん動運動。実は、ストレスが原因で弱まる可能性があるのです。

自律神経によってぜん動運動は管理されているため、ストレスにより神経が悪影響を受けると、うまく働かなくなってしまうのです。

その結果、便を押し出す力が弱まってしまい、便秘になってしまうのです。

・便意の我慢が排便反射を鈍らせる

腸の壁が刺激されることで大脳に信号が届き、初めて便意が生じます。

しかし、便意を我慢していると腸の刺激に対して次第に鈍感になっていき慢性的な便秘になりやすくなってしまうのです。

4.便秘の原因は生活習慣にあり!こんな生活していませんか?

4-1起床後水を飲まない

排便は運動や食事の影響を受けやすいと言われており、その準備は起床後から始まっているのです。

腸が最も働く朝一番に水を飲むことで腸の動きをさらにを活発化させることで排便を促しましょう!

4-2便意を我慢する

通勤通学の直前に起床してトイレに行く時間がない!なんていう方も多いのではないでしょうか?

便意の我慢は直接便秘の原因になることは先ほど説明した通りです。

明日から少し頑張って15分だけ早く起きてみませんか?

会議や学校の授業で、なかなかトイレに行きたい!と切り出せない方もいるかもしれませんが、我慢をしていると便秘だけでなく、口臭に影響が出たり、肌荒れの原因にもなりかねません。

「健康第一!」と考えて、便意の我慢はもうやめましょう。

4-3トイレが近くなることを嫌い水分補給を怠る

便の硬さは水分の有無によって変わります。

そもそも体内に水分がなければ便が柔らかくなることはあり得ません。

起床後の他、仕事や勉強中、移動中も水分を持ち歩いて意識的に補給することが大切。普段、自分がどれくらいの水分を摂取しているのかを把握し、便秘改善につなげましょう!

4-4食事制限のダイエットを行う

便は毎日食べたものから作られます。つまり、食事をとらなければ便は作られず、便秘になるのは当然ですよね?

さらに、食料にも水分が含まれるので食事制限をするということは水分不足をも招きかねないのです。

食事制限でダイエットを行うことは、短期的に見れば効果は絶大です。

しかし、便秘による肌荒れやストレスを考慮するとマイナス面のほうが大きいことは確実。

食べるものを減らすのではなく、食べた量を消化できるよう適度な運動を心がけましょう!

5.まとめ

便秘がなぜ起きるのか。2つの理由とその原因となりうる生活習慣について説明してきました。今すぐ生活スタイルを変えることは難しいですが、どれか一つ選んで明日から実践してみてはいかがでしょうか?

無理せず、できるところから改善していき便秘に苦しまない健康的な生活を送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です