便秘で太るのは本当?3つの習慣で引き締まった体になろう!

 

「食事の量も気を付けているのに最近太ったかも…」「洋服のウエストがパツパツに……」

なんて思っている方はいませんか?それ、もしかしたら便秘が原因かもしれません!

便秘と体重の増加。一見、何ら関連性がないように思えるかもしれませんが、実は密接に関係しているのです。

ダイエットを考えている方はこの記事を読めば無理なダイエットは逆効果であることがわかるはず!正しい知識を学び、太りにくい体を手に入れましょう。!

1.なぜ便秘で太るのか?

①体内に溜まった便

体外に排出されるはずだった便が溜まれば、当然その分体重は増加します。最近便秘気味で体重も増えたなと感じた方、もしかしたら体内に便が溜まってるかもしれません。

②代謝の悪化

便秘の体への悪影響は、便が溜まるだけではありません。溜まった便から有毒なガスが発生し、新陳代謝を悪化させます。その結果、健康時よりも消費されるカロリーが減り、体重が増加しやすくなります。

2.過度な食事制限は便秘を引き起こし、太りやすい体をつくる?

ダイエット中の方、こんな食事していませんか?

朝ごはん 食事抜き
お昼ごはん サラダとスープ
夜ごはん 糖質制限のため、ご飯やパンなど主食は抜き

ダイエットと称してこのような食生活を送っている方、要注意です!
最近便秘気味だなと感じていませんか?

便は体内に取り込んだ食料と、古くなった細胞のカスなどで構成されていますが、大部分は口にしたものから作られます。排出するものがなければ当然、お腹の中に便が溜まります。

すると、代謝が悪化し、痩せるために頑張っているはずのダイエットが、「太る原因」となってしまいます。

3.便意の我慢が便秘を引き起こし、太りやすい体をつくる?

最近便秘気味の皆さん、朝トイレに行く時間を作っていますか?学生の皆さんは授業中、社会人の皆さんは会議中、トイレに行きたいと言い出せないからといって便意を我慢していませんか?

それ、実は便秘の原因になりかねないんです!

便が肛門付近に来ると刺激が起こり、便意が生じます。しかし、その合図を我慢しているとやがて便意は収まります。

それを何度も繰り返すうちに、刺激に対する感覚が弱まり、便が腸に溜まっているにもかかわらず「出そう」という感覚がなくなってしまい、便秘になってしまいます。

4.便秘改善と太りにくい体を目指す3つの方法

①食物繊維をとる

便秘には食物繊維の摂取が不可欠とよく耳にしますよね?
その理由は主に2つあります。

1.便を柔らかくしてくれる(昆布、わかめなどの海藻類)

食物繊維の中には水に溶けやすく、水分保持に優れているという特徴を持つものがあります。

便は腸内を通過する際に水分を吸収されるため、硬くなりがちですが、食物繊維の働きによって便が柔らかい状態のまま直腸へ到達し、便通を滑らかにしてくれます。

2.便の「かさ」を増してくれる(ごぼう、豆類)

水に溶けやすい性質と正反対の、溶けにくい性質を持った食物繊維もあります。

こちらは、水分を吸収しかさを増します。それによって腸の壁を刺激し、便意を引き起こしやすくしてくれます。

②排便の習慣作り

「便意の我慢は、便秘のもと!」とご紹介しました。

しかし、どうしても我慢しなければいけない時もあるでしょう。そんな方は絶対に確保できる時間をつくり、その間に排便する習慣をつくってしまいましょう!

「排便の時間を確保するなんてムリ!」と思った方、起床から家を出るまでの過ごし方を振り返ってみましょう。

平日何時に起きていますか?

家を出る15分前に起床、身支度をしてバタバタと通勤、通学。という方多いのではないでしょうか?

そんな方は、グラス1杯の水を飲み、トイレに行く時間を最低5分とれるよう、今よりも少しだけ早く起きてみませんか?

起床後は副交感神経が最も働くゴールデンタイム。ここで腸を活性化させることにより、腸の運動が活発化し、排便を促します。

是非、この記事を見た翌日から「いつもより少しだけ早起きをする」ことを意識してみてください!

③運動を取り入れる

便秘の原因の一つに、腸のぜん動運動不足が関わっていることがあります。
ぜん動運動が不足していると、便のもととなる物質が腸内をスムーズに動くことができなくなってしまいます。

ぜん動運動不足は筋力の低下が大きく関わっているので、一日30分程のウォーキングでも改善されるでしょう。

また、1日中座りっぱなしのデスクワークが多い方は、自律神経のバランスが崩れている可能性があります。

運動を取り入れることによって、昼間は交感神経を働かせ、夜は質の高い睡眠をとり、起床後のゴールデンタイムに備えましょう!

5.最後に

カロリーの取りすぎだけが太る原因ではありません。最近食事の量は変わらないのに体重だけが増えていくと感じている方、便秘気味ではありませんか?

便秘は体の基礎代謝を悪化させ太りやすい体にしてしまったり、肌荒れを引き起こしたりする原因となります。

心当たりのある方は

①食物繊維をとる

  • 便が硬いなと感じる方は昆布やわかめなどの水溶性食物繊維を
  • 便がコロコロして少ないと感じる方はゴボウや大豆などの不溶性食物繊維をとってみましょう!

②一日30分程度の運動を行う

③排便の習慣をつける

の3つを今日から心がけ、便秘を解消させ太りにくい体を手に入れましょう!

食物繊維を手軽にコンビニで売っている飲み物で手軽に摂りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

コンビニで買える、食物繊維入りの飲み物3選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です