むくみを取る方法はマッサージだけじゃない!原因を知って今日からむくみ知らず!

 

あれ?なんか朝起きたら顔がパンパン。もしかしてむくんでるのかも…

「今日はこのままじゃ出かけられない……、今すぐむくみを解決したい!」と思っている方に朗報です!

なんと、たった数分でむくみを解決できる方法があるんです。しっかりと学んで、朝起きたときに焦らないようにしましょう!

もう一つ、そうなる前に、むくみを予防出来たら最高ですよね?

その方法も伝授いたします!

1.こんな症状が見られたらそれは「むくみ」だ!

人と会った際に「あれ?今日むくんでる?」と言われた経験はありませんか?

むくんでいる状態では体にどのような変化が起きるのか見ていきましょう!

症状①:顔がいつもより太って見える、頬がパンパンに張っているように見える

朝起きて鏡を見た時に「昨日よりも太って見える……。一日でこんなに太るの⁉」と驚いたことはありませんか?

症状②:いつもは二重なのに、朝起きたら一重になっている

むくみは皮膚が薄い部分に表れやすいと言われています。中でもまぶたは、変化がわかりやすいため症状の有無がはっきりとわかります。

なんか目のあたりが変だ…と思ったらむくみを疑いましょう!

症状③:足がパンパンに張っていて、いつも履いていた靴がきつい

女性が最も悩む問題は足のむくみかもしれません。毎日仕事が終わる頃、足はパンパン。

歩くのがダルイと感じる方も多いかもしれません。

すねのあたりを数秒間押し、離すと跡が残ってなかなか消えないとむくみの可能性があるので怪しいと思ったら一度試してみてください。

2.むくみに心当たり、こんなことしませんでしたか?

こうした症状が確認できたら、ここ最近の生活について思い出してみてください。

これからいくつかむくみの原因となりうる事例を紹介します。心当たりがある点は今すぐ改善しましょう!

原因①:お酒を飲みすぎてしまった!

アルコールを飲むとお手洗いが近くなりますよね?

すると皆さんは、二日酔い防止のために体外へ排出された分を補おうとさらにお酒やソフトドリンクで水分を摂取します。

この繰り返しによって排出される以上の水分が体内に残り、むくみを引き起こすのです。

水分の摂りすぎに気を付けたとしても、アルコールそのものには血管を拡張させる働きがあり、むくみやすい環境を作ってしまいます。

原因②:おつまみを食べすぎて塩分を摂りすぎた!

むくみの原因は水分なのに塩分も関係してくるの?と思ったあなた。関係大ありなんです!

塩分を摂りすぎると喉が渇きます。喉が渇いたら当然水を沢山飲むので当然水分の過剰摂取の原因となってしまいます。

さらに体内にも影響が出ます。

体には塩分の濃度を一定に保とうとする働きがあります。塩分を多くとれば濃度を維持するのに大量の水が必要になるため、むくみやすくなってしまいます。

原因③:同じ体勢で何時間も過ごしてしまった!

デスクワークなど座りっぱなしの方は特に悩まされているもしれません。

そもそも重力の関係もあり、むくみは下半身によく表れます。また、体を動かしていないと血液の流れは悪くなり、水分がどんどん細胞と細胞の間に溜まってしまうのです。そのため一日の終わりには足がパンパンという状態に…

3.むくみはたった数分で取れるって本当?

むくみの原因が血行にあるのであれば数分でむくみが解消できる可能性があります。

血行が悪くなる理由はいくつかありますが、運動不足が原因かもしれません。

体を動かす機会が少ないと血液が体を巡らずに、足先など末端まで血液が流れにくくなってしまいます。

対処法①:首のマッサージ

顔のむくみが気になる方は首から上の血の流れに気をつけてみましょう。

心臓から顔に血液が流れる際に必ず通過する首はとても需要な場所です。左右前後、首を回しましょう。

まずは左右に首をぐるっと何周か回し、次に腕の力も使い首を前後に倒しましょう。一セットだけでなく何セットもゆっくりと行うことを意識しましょう。

対処法②:顔のマッサージ

首をマッサージしたら次は顔をマッサージしていきましょう!

アゴから耳の裏にかけてのラインを水分を頭のてっぺんから押し出すイメージで「グッ、グッ」と指圧していきます。次は反対に耳の裏からアゴにかけて指圧していきます。

これを10回ほどやってみましょう!この時、アゴから耳裏にかけてマッサージをするならばこの一方方向にのみマッサージを行うよう気を付けましょう。

対処法③:まぶたが重いときのツボ

目元のむくみにはツボが効きます!

眉頭の内側を親指で先ほどと同様に「グッ、グッ」と押していきましょう。次に目頭の部分も指圧していきます。

これでだいぶ血の流れは良くなるはずですが、仕上げに眉尻から眉頭にかけて、目尻から目頭までを押して終了です!

もし、ツボとマッサージだけではむくみが解消できない場合は蒸しタオルを患部に当て、冷水で顔を洗う「温冷交代」で血流の改善を試みてみましょう!

対処法④:足のむくみにもマッサージ

足のマッサージは足先からどんどん心臓付近へ水分を押し出すイメージでマッサージしていきます。

かかとからふくらはぎへと上に登っていくイメージで10回ほどマッサージを繰り返しましょう!

4.そもそもむくみにならなければいい!予防方法を伝授

ここまで、むくんでしまった時の対処法を学んできましたが、そもそもむくまないように気を付ければいいですよね?

もちろん女性の場合ホルモンの関係でいくら気を付けていてもむくみやすい体質なのであくまでも予防するという意識が大切です。

予防法①:冷たい飲み物を控える

体が冷えてしまうと血流の悪化を招いてしまいます。冷たい飲み物ばかり飲むのではなく、温かい飲み物、常温の飲み物を摂ることにより体温を高めに維持することを意識しましょう。

予防法②:座りっぱなしを防ぐ

デスクワークが中心でお昼やトイレのタイミングでしか席を立たないという方は一時間に一回でいいので立ち上がることを意識しましょう。

オフィスの環境上、なかなか立つことができないという方は座りながらでもできる体操があります。実践して、座りっぱなしという状況だけは避けるように工夫しましょう!

予防法③:お酒やおつまみ(塩分)の量は控えめに

水分が多すぎても、少なすぎてもむくみは起こってしまいます。お酒の飲みすぎは脱水状態を引き起こし、塩分の摂りすぎは水分過多を招くので適量を守りましょう。

水分を摂りすぎた!というときはお茶やコーヒーなど、カフェインを含む飲料を摂取することで、余分な水分を排出してしまいましょう。

5.まとめ

大事なデートや会議の日に限って顔がパンパン、まぶたが重い。それだけでその日一日、上手くいかないような気がしますよね。

そんな時は

  1. マッサージで血流改善
  2. 温冷交代で血流改善

つまり、「血流を良くする」ことを考えましょう!

もちろんむくみになりにくい生活をすることがベストです。予防方法を実践しつつ、むくみとは縁遠い健康的な生活を送りましょう!

 

お茶でむくみを解消することもできます。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

むくみ解消におすすめなお茶3選|スーパーやコンビニでも買えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です