顔のむくみは朝の5分が勝負!?

まどか

ピー助おはよう!うわわっ、どうしたの?顔がパンパンだよ?

ピー助

昨晩、泣ける映画を見てそのまま寝たらまぶたが腫れちゃった。

まどか

そんなときは、冷やしたスプーンをまぶたに当てるといいんだよ!

ピー助

早速やってみる!こうかな?

まどか

そうそう、両目いっぺんにやるといいよ。ついでに柄を斜め上にして当てるとより効果的だよ!

ピー助

(普通に当てるだけでいいような…)ひんやりして気持ちいいね!

まどか

プププッ!

ピー助

ん???

まどか

あはは、ウルトラマンみたいー!ってかウルトラマン!!インスタにあげよ♪

ピー助

やっぱり遊ばれた!!

良く寝た朝、鏡の前に立ったら顔がパンパン!なんてことありませんか?いつもより顔が大きく見える。化粧のノリが悪い。忙しい朝になんで!?って思いますよね。

前日を思い返してみると心当たりもちらほら…。

でも一番の原因は何?もうこんな朝繰り返したくない!そんな方はここでむくみの原因を知って、朝起きるのが怖いなんて状況を打破しましょう!

1.寝起き後は顔がむくみやすくなる、2つの理由

 むくみの原因は病気、もしくは水分の循環が悪化していることが原因と言われています。

ここからは、病気以外の理由で発生するむくみに関してご紹介していきます。

水分の循環が悪くなる理由は主に2つ。

①自律神経の乱れ

窮屈な靴を履いていると足がむくんでしまったことはありませんか?

その原因も血行不良が大きく関わっているんです!

自律神経が乱れると、血行が悪くなりがち。血行が悪くなってしまうと血管から水分が流れ出てしまい、その部分にむくみが生じてしまいます。

特に女性は生理やホルモンバランスの影響で自律神経が乱れやすくなっています。

万全の対策をしたからといって必ずむくみを防げるわけではないことは理解しておきましょう!

②心臓の位置

もう一つ大切なのが「心臓の位置」です。

特に、眠っているときは顔の位置が心臓と同じくらいの位置に来るため、起きている時と比べると血液量、水分量共に増えるためむくみが発生しやすくなっているのです。

うつ伏せで寝る癖がある方は顔の位置が心臓よりも低くなりやすいためむくみになりやすいと言えるでしょう。

むくみが気になっている方は自分の寝方を振り返ってみると良いかもしれませんね!

2.寝起きのむくみを予防する3つの対策+開き直る方法!

 寝起きにむくみが発生する理由はご理解いただけましたでしょうか?

「自律神経の乱れ」「心臓の位置」大きく分けて二つの原因がありました。では、これらの原因に対してどのように対策を講じるべきなのかをここではご説明いたします!

①枕を自分にあった高さに調節する

えっ!?枕の高さが大切なの?と思いましたか?

枕の高さは心臓の位置と大きく関係しています。枕が低すぎると心臓よりも顔の位置が低くなってしまう場合も考えられますよね?

その結果として血液循環が悪くなり、顔にむくみが発生してしまうのです。

では、高さがある枕ならいいのでしょうか?

それも間違いです!枕が高くなってしまうと息苦しくなったり、眠りが浅くなってしまう原因となったり、今度は睡眠不足によってむくみが生じてしまいます。

ちなみに枕選びの豆知識として、正しい枕の高さは横向きになったとき頸椎が床と平衡になっている状態になるものであることを覚えておくといつの日か役に立つ日がくるかもしれません(笑)

このとき、目線は足元でも頭上でもなく真上を向いているのもポイントの一つです!

②アルコールを摂りすぎない

アルコールの摂りすぎがの原因となることはよく知られているでしょう。

飲みすぎると体内のアルコール濃度が上昇し、血管が広がってしまい、水分の処理が体内で間に合わず翌朝むくみが発生してしまいます。

アルコールを飲みすぎた翌朝のむくみ解消方は…この先でお伝えします!

③塩分、水分を摂りすぎない

塩分の摂りすぎがむくみの原因に?と思うかもしれませんが、侮ってはいけません!

人間の体には体内の塩分濃度を一定に保とうとする機能が存在しており、塩分を摂りすぎると少しでも多くの水分を体内にとどめておこうとします。結果むくみが生じてしまうのです。

あなたが今日の夜食べようと考えていたラーメンもむくみの原因となるかもしれませんよ?(笑)

④いっそのこと、気にしない!

決してむくみ対策をあきらめろ!と言いたいわけではなありません。

むくみの原因には防げるものと防げないものが存在します。特に女性の場合、生理前の4~5日前からむくみやすくなってしまいます。これは漢方などである程度予防することはできますが完全に防ぐことはできないません。

体の仕組み上仕方のないことだと割り切って、気にしないようにするのも一手です。

3.むくみを解消させる2つの方法

①リンパマッサージが有効

マッサージ、とりわけリンパマッサージが有効と言わています。

リンパ液には老廃物を流す働きがあり、この液体が体内をスムーズに流れるように働きかけることでむくみは次第に解消していくでしょう。

手順①顔周りをほぐす

まずは肩を上下させましょう。ほぐれたかなと思ったら肩甲骨をほぐすイメージで肩を回していきましょう!

この運動によって首回りの血行を改善していきます。

手順②首をマッサージする

引き続き首周りの血行改善を図っていきます。

首を大きくぐるりと5周ほど左回り、右回りで回していきましょう。続いて鎖骨のくぼんでいる部分を押し込んでいきましょう。

左右20回ずつを目安に、痛くならない程度の力加減が重要です!

手順③顔をマッサージする

ここからようやく顔のマッサージに移っていきます。

あごから耳の上にかけてゆっくりと筋肉を持ち上げるようにマッサージをしていきましょう。

10回ほど繰り返したら今度は反対に、耳の裏から首筋にかけてマッサージをしていきます。

すると血流が改善され、むくみが解消する可能性が高くなります。

②顔のむくみやハレは冷やすが吉!?

顔に出るむくみ。一番の強敵はまぶたのむくみではありませんか?

いつもは二重なの、今日は一重…でも朝は時間がない。そんな時は蒸しタオルと冷やしたタオルで血行改善を図りましょう!

用意するのは蒸したタオルと水で濡らしたタオル。

交互に2~3分ほどまぶたにのせるだけ。後は時間が経つのを待つのみ。10分もあれば効果は出てくるでしょう。

夜お酒を飲みすぎた…、泣きはらした…、そんなときはこの方法を試してみてください!

4.むくみは病気の合図?そのむくみからだの不調が原因かも!?

ここまでむくみの原因や様々な対策をご紹介してきました。しかし、これらの方法でも解消できないケースもあります。

それが病気の場合です。ここではむくみの原因となる病気の一部を紹介します。むくみの症状が病気の合図かもしれないので心当たりがある方は診察を受けることをおススメします。

①腎機能の障害

老廃物を尿として体外に排出する機能を持つのが腎臓。

腎機能に障害が発生すると老廃物を排出できなくなるためにむくみが発生しやすくなってしまいます。

②心不全

血液を体全体にハコブ役目をになっている心臓。働きが弱くなってしまうと血液が体全体に巡らず、血行が悪化。むくみが生まれやすくなってしまいます。

これらはあくまでも一例。病気かも?と思ったらまずは近くの病院で診てもらうようにしましょう。

5.まとめ

寝起きの自分の顔を見て「やばい!」と思うことは誰しも経験することでしょう。

そんな時は決して焦らずに、顔のマッサージと蒸しタオルと冷えたタオルでむくみが解消できるということを思い出してください!

それだけでも飲みすぎた解く朝も鏡に経つ勇気が出るでしょう(笑)

それ以外にも自分にあった枕の高さを見つけることもむくみの対策になります。むくみに悩んでいる方!まずはやれる対策から手をつけていきましょう。

 

お茶で簡単にむくみ解消ができるのでこちらの記事も参考にしてください。

むくみ解消におすすめなお茶3選|スーパーやコンビニでも買えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です